【アンティーク】になろう

人は誰もが老いていくもの。
生まれた時からそれは決まっています。

でも老い方(歳の取り方)には2通りあるのをご存知ですか?

それは
ただ歳を重ねて古くなっていくもの
歳を重ねるにつれて味わい深くなりアンティークになっていくもの
です。

家具や雑貨をイメージするとわかりやすいですよね。

人も同じです。
ただ歳を重ねて古く老いさらばえていくのではなく、年齢を重ねるにつれてアンティークになっていく素敵な人でありたいと思いませんか?

日本では歳を重ねるにつれて地味になっていく人が多く残念に思います。
服装も地味になりますし、表情も生き方も感じ方も…自分自身の表現の仕方に「豊かさ」がありません。

ところが海外に目を向けると、素敵な老夫婦がたくさんいます。
若い人には決して出せない柔和な表情と温和なオーラ。
眼差しの暖かさや振る舞いの優雅さには思わず「素敵だ」と素直に思います。

違いは何だと思いますか?
Bobが感じるこの違いは「自分を大好きでいる」ということだと思います。
若い人に対抗しようなんて思ってませんし、増してや若い人に負けてるなんてことも考えてないでしょう。

でも日本の人たちはどうでしょう?
美の基準や健康の基準、プロポーションの基準などをすべて「若い人」に置いてませんか?
いえ、断言します。若い人基準で考えてます。

だからいつも若い人と比べて衰えを気にし、笑いジワを嫌がり、二の腕のタルミを隠したがり、お腹の出具合が気になるのです。

40代や50代の人が10代や20代と同じ土俵で比べ会うなんてナンセンスです。
テレビなどで「美魔女」とか取り上げるから影響を受けるのも分かりますが…

「若く見えるかどうか、若い人に負けないくらい美人かどうか」を基準にすると、いつかキープ出来なくなる日が来て行く先は「古ぼけたスクラップ」です。

そうではなく「素敵な私」に焦点を当てましょう。
20歳のエネルギッシュな私。
30歳の素敵な私。
40歳の魅力的な私。
50歳の豊かな私。
その時その時の私を大好きでいられる自分であれば、あなたが何歳であろうと誰にも臆することなく輝けるのです。

そのために大事なベースは、心と体の元気とハリです。

凛とした姿勢。
ハリがありしっかりと開かれた胸襟。
広く力強い歩幅での歩み。
深みがあり上品な振る舞い。

このベースが何よりも大切です。
この基本ベースの上に
お肌のケア。
プロポーションの維持。
筋力アップとキープ。
があるのです。

今の日本人は、この基本がなくうわべだけの美しさや若さばかりを追い求めすぎです。

こんなメッキはいつか剥がれてしまいますし、あなた自身が心の何処かでメッキだと感じているから本当に自信を持って自分を大好きでいられないのです。

もっと自分を大好きになりませんか?
大好きな自分作りをしにBob's Bodyへいらっしゃい♪

いつも、いつまでも「今この瞬間が最高の私」と感じられ続ける人生を一緒に歩みましょう。

LINE始めました

LINEの公式アカウントを作りました。

ぜひ友達登録してみてください♪

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)